Skip to content

Ruins in Okinawa

勝連城入り口

Katsuren Castle

    Katsuren Castle is one of the castle ruins that are part of Okinawa’s World Heritage Sites. Although the scale is smaller than that of Nakijin Castle Ruins , it is a beautiful castle ruin standing on the seaside. There is no regular tours to Nakajin Castle. Take one of customizable tours. The entrance to Katsuren Castle is across the street from the parking lot and small museum. Katsuren Castle doesn’t have much to offer, but the view of the sea is beautiful.

    沖縄首里の玉稜(たまうどぅん)

      玉陵(たまうどぅん)は首里城跡の近く、守礼門から外に出て少し歩いたところにあり、緑の中にたたずむ琉球王家歴代の墓所です。 1501年に琉球の尚真王(在位 1477~1526年)がその父、尚円王の遺骨を見上森陵というところから改葬するために築かれ、それから第二尚氏王統歴代の陵墓となりました。最後に玉稜に葬られたのは尚泰王で、1901年のことです。その時の様子は写真で見ることができます。 玉陵の墓室は三つに分かれています。上の写真(合成)だと手間に見えるのは中庭への入り口の門で、その奥左から三つの入り口が確認できます。 真中の部屋(中室・汁乾室)は洗骨前の遺骸を安置する部屋です。沖縄の習慣では、遺骸は一旦骨になるまで待って、それから洗い清められ、埋葬されたそうです。 東室(向かって左側)は、創建当初には王と王妃が葬られました。西室には王の家族の中でも限られたものだけが葬られたそうです。 玉稜全体のつくりは、当時の宮殿を模したもので、石造建築です。 玉稜は沖縄戦で大きな被害を受け、かなり破壊されてしまいましたが、修復されて現在に至っています。 玉陵の敷地内には今でも拝所が設けられているほか、ガジュマルなどの亜熱帯の木が多く、静かでほっとする場所です。

      沖縄・首里城の園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

        園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)は首里城の城門を出たところ、守礼門の近くにある石の門です。通り過ぎれば何も気づかないような鄙びた門ですが、世界遺産群のひとつに指定されています。 御嶽(うたき)というのは、琉球では拝所のことを指しているようで、首里城内にも首里森御岳(すいおいうたき)という場所があります。 園比屋武御嶽は、かつて琉球王が首里城外へ出て旅をする時に、往路復路の無事を祈願した重要な場所だったそうです。 石門の裏に広がる山一帯が聖所だったようで、かつては石造りの拝殿がありました。創建は1519年頃、玉稜を造営した尚真王(在位 1477~1526年)の手によるものと伝えられています。 ただし沖縄戦で破壊され、1957年に石門の周辺が復元されています。 ここはまたまた、琉球国では最高位の神女、聞声大君(きこえおおぎみ)が即位する時にも最初に参拝する場所で、聞声大君はその後、やはり世界遺産に指定されている斎場御嶽(せーふぁーうたき)へと向かったそうです。 沖縄各地に残るうたき同様、園比屋武御嶽にも、現在でもお参りに来る人があるそうです。

        首里の円覚寺跡と弁財天堂

          首里城へは宿泊した那覇の国際通りから車で向かいました。カーナビに従って首里に入り、首里城公園管理センターの方から駐車場を探しますがどこも満車で停められません。 仕方なく首里城の周りをぐるりと大きく回って行ったところ見つけたのが、沖縄県立芸術大学の北側にある通り(当蔵通り)にある小さな駐車場。こちら側に来る人はほとんどいないようで、空いていました。 ここに車を停めても首里城までは10分かかりません。龍潭通りという細い通りを通って首里城へ向かいますが、その途中にあるのが、円覚寺跡と弁財天堂。 円覚寺 円覚寺は鎌倉にある円覚寺を模して造られた臨済宗の総本山だったそうですが、戦災で首里城同様に完全に焼失。総門などごく一部が復元されているだけです。沖縄らしい石垣が美しく、訪れる人もほとんどいないので静かにたたずんでいます。 弁財天堂 弁財天堂(びでーてぃん どー)は首里城へと続く坂道の直下にある円鑑池(えんかんち)に浮かぶ小島にあります。元々は朝鮮の李朱王から贈られた経典を収納するために建立されたものです。 後に薩摩の島津藩の侵入で経典が焼失し、代わりに弁財天像が祀られたそうです。 円鑑池に架かり、弁財天堂のある小島へと続く端は天女橋と呼ばれ、重要文化財に指定されています。渡れますが、結構痛んでいるように見受けられました。 弁財天堂から首里城へと向かう道の周辺は、非常に緑の多い小道です。亜熱帯の植物が茂る小道はとてもさわやかです。ほとんどの観光客はこちら側には来ませんから、とても得した気分になります。 またなぜか円鑑池の周辺にはガチョウ?が放し飼いにされており、子ども達は思わぬところで動物とのふれあいができて大喜びでした。