Skip to content

Sightseeing site in Okinawa

Gyokusendo cave

Gyokusendo Cave

    There are many limestone areas in Okinawa. So naturally there are limestone caves. But it’s an island, so I thought it wouldn’t be that big. Gyokusendo Cave, located in the Culture Kingdom Gyokudendo Okinawa World in the southern part of the main island of Okinawa, was quite large and enjoyable. The total length is more than 5 kilometers! Among them, about 890 meters are open to the public. There is an entrance to the limestone cave near the entrance of Culture Kingdom Okinawa World, and there is an exit at the far end of Culture Kingdom Okinawa World. In order to enter the cave, in addition to the entrance fee, you have to pay the entrance… Read More »Gyokusendo Cave

    Oishibayashiyama

    Oishibayashiyama, Lime stone, Cycad and Irkanda

      Oishibayashiyama is located in the mountains near Cape Hedo. It is said to be the northernmost tropical karst (topography created by limestone erosion). Oishibayashiyama and Cape Hedo are located at the furthest end of Okinawa Island, so there are not so many opportunities to visit there. Try the tours below. Hiring a chauffeur-driven car is also a good option if you are traveling in a group. From the parking, a minibus takes you to the Oishibayashiyama mountain. Starting from a rest area in the mountain, you descend to the parking. There are four hiking trails to choose from. The required time is short, only about 30 minutes. I didn’t have time to go around… Read More »Oishibayashiyama, Lime stone, Cycad and Irkanda

      Cape Hedo

      Yanbaru Kuina Observatory

        Cape Hedo, the northernmost point of the main island of Okinawa, is located in Kunigami Village. Near the Cape, there is Yanbaru Kuina Observatory. What the hell is that? It’s not just an observatory. Surprisingly, it is an observatory dressed as a real and super-giant Yanbaru Kuina, a rare bird species that lives only in this area of Okinawa Island. When you come from the parking lot, you will be greeted by Yanbaru Kuina’s butt. The head is pictured below. Please compare the size. My son is at its feet. But who created it and for what purpose? The scenery is outstanding, and this is where you can see Cape Hedo. On days when the… Read More »Yanbaru Kuina Observatory

        Hiji Waterfall

        Hiji Waterfall (Kunigami Village)

          Today, We extended my trip to Kunigami Village, on the northern tip of the main island of Okinawa. The first place we visited was Hiji Waterfall. The largest waterfall on the main island of Okinawa. To get to this waterfall, we have to walk a mountain path about 1.5 kilometers from the Hiji Otaki Campsite on. The path is well-maintained, although there is a fee. There are quite a lot of ups and downs, and there are many stairs. Still, it feels good to walk in nature. You can see plants such as hego (tree fern) and butterflies that are clearly different from Honshu. See the Kunigami Village website for details. The starting point is the Hiji Otaki… Read More »Hiji Waterfall (Kunigami Village)

          Neopark Okinawa

          Neopark Okinawa, Nago Natural Zoological and Botanical Park

            Neopark Okinawa in Nago is surprisingly fun to go out with children. It’s a bit rustic and not very sophisticated, but my two young children especially love it. African birds greet us. African crested ibis, crowned crane, spoonbill, etc. They approach in groups to beg for food. These birds are quite large, so small children are scared of them. In the Latin America zone, such a vivid heart-shaped ibis approaches, begging for food. Some peacocks are accustomed to eating food directly. In addition, there are various zones (for a fee) where you can come into direct contact with animals. My eldest son, who was 10 years old then, said “it’s enough”, but the younger… Read More »Neopark Okinawa, Nago Natural Zoological and Botanical Park

            沖縄・首里城の園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)

              園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)は首里城の城門を出たところ、守礼門の近くにある石の門です。通り過ぎれば何も気づかないような鄙びた門ですが、世界遺産群のひとつに指定されています。 御嶽(うたき)というのは、琉球では拝所のことを指しているようで、首里城内にも首里森御岳(すいおいうたき)という場所があります。 園比屋武御嶽は、かつて琉球王が首里城外へ出て旅をする時に、往路復路の無事を祈願した重要な場所だったそうです。 石門の裏に広がる山一帯が聖所だったようで、かつては石造りの拝殿がありました。創建は1519年頃、玉稜を造営した尚真王(在位 1477~1526年)の手によるものと伝えられています。 ただし沖縄戦で破壊され、1957年に石門の周辺が復元されています。 ここはまたまた、琉球国では最高位の神女、聞声大君(きこえおおぎみ)が即位する時にも最初に参拝する場所で、聞声大君はその後、やはり世界遺産に指定されている斎場御嶽(せーふぁーうたき)へと向かったそうです。 沖縄各地に残るうたき同様、園比屋武御嶽にも、現在でもお参りに来る人があるそうです。

              那覇牧志公設市場(まきしこうせついちば) 沖縄一の市場

                牧志公設市場(まきしこうせついちば)は那覇のメインストリート、国際通りから少し南に入ったあたりにあります。 むつみ橋通り むつみ橋通りは国際通りとむつみ橋交差点で交差する通りです。アーケードがありますからすぐにわかりました。国際通りからこのむつみ橋通りを通って公設市場へ行くことができます。 むつみ橋通り自体もとても賑やかな通りで、周辺には土産物屋さんや、琉球ガラスのお店、沖縄のアロハとでも言える、かりゆしウェアを売るお店などが立ち並んでいて、ここだけ歩いていても楽しいものです。 牧志公設市場 牧志公設市場はむつみ橋通りからさらに少しそれ、西側に(国際通りから来ると右側)に位置しています。市場と言うので、魚市場や青果市場のようなものを想像していたらそうではなく、小さな小売商店がぎっしり詰め込まれた、ショッピングモール?!のようなところでした。 目に飛び込んでくるのはカラフルな野菜、果物、そしてそれらの加工品。乾物屋海産物。とても賑やかで、やはり東南アジアのマーケットに迷い込んだような雰囲気です。 市場で売られていて子どもが喜んだもののひとつがこれ。ヤシガニです。ペットじゃないですよ。 もちろん食用です。食べてみたいけど…値段が高いのと、ちょっとかわいそうな気がしますね。 牧志公設市場の定番がこれ。ブタの顔です。もちろんテビチをはじめ、ブタのありとあらゆる部位が売られています。さらに、ブタの加工品、ソーキやラフテーも売られています。我が家はパック入りのソーキを購入しました。ブタの顔にはさすがに手出しができません。 そしてもう一つの名物が熱帯魚?青いアオブダイをはじめとする、沖縄近海の魚介類が並べられています。シャコガイ(ヒメシャコガイかな?)もありますね。味は北の海の魚に比べれば落ちるそうですが、新鮮な魚介類は、市場二階の食堂へ持ち込めばその場で調理してもらえます。 この他に我が家が購入したのは、ウミブドウ、沖縄そば、肉味噌など。保冷材も入れてもらえますから、那覇をたつ前にはぜひどうぞ。

                沖縄海洋博記念公園のエメラルド・ビーチ

                  沖縄海洋博記念公園の北端に位置するのがエメラルド・ビーチ。美ら海水族館から歩くと結構な距離があります。下の写真は歩いてエメラルド・ビーチに向かう途中に撮影したもの。 エメラルド・ビーチは、人口のビーチですが、白い砂浜はとてもきれい。コーラルサンドがしかれていて、一度に3千人が泳げるとか。 我が家が訪れたのは3月だったので泳いでいる人はほとんどいませんでしたが、水に入って遊ぶだけでも子ども達は大喜び。 水着を持っていなかったので、子ども達はズボンや上着を脱ぎ捨ててジャブジャブ。サンゴのかけらを拾って大はしゃぎ。 太陽があまりにまぶしく、砂があまりに白いので、カメラを自動に設定していると、実感したような印象になかなか写りません。絞りを開けて撮影してみると、結構シュールな光景になってしまいました。

                  首里の円覚寺跡と弁財天堂

                    首里城へは宿泊した那覇の国際通りから車で向かいました。カーナビに従って首里に入り、首里城公園管理センターの方から駐車場を探しますがどこも満車で停められません。 仕方なく首里城の周りをぐるりと大きく回って行ったところ見つけたのが、沖縄県立芸術大学の北側にある通り(当蔵通り)にある小さな駐車場。こちら側に来る人はほとんどいないようで、空いていました。 ここに車を停めても首里城までは10分かかりません。龍潭通りという細い通りを通って首里城へ向かいますが、その途中にあるのが、円覚寺跡と弁財天堂。 円覚寺 円覚寺は鎌倉にある円覚寺を模して造られた臨済宗の総本山だったそうですが、戦災で首里城同様に完全に焼失。総門などごく一部が復元されているだけです。沖縄らしい石垣が美しく、訪れる人もほとんどいないので静かにたたずんでいます。 弁財天堂 弁財天堂(びでーてぃん どー)は首里城へと続く坂道の直下にある円鑑池(えんかんち)に浮かぶ小島にあります。元々は朝鮮の李朱王から贈られた経典を収納するために建立されたものです。 後に薩摩の島津藩の侵入で経典が焼失し、代わりに弁財天像が祀られたそうです。 円鑑池に架かり、弁財天堂のある小島へと続く端は天女橋と呼ばれ、重要文化財に指定されています。渡れますが、結構痛んでいるように見受けられました。 弁財天堂から首里城へと向かう道の周辺は、非常に緑の多い小道です。亜熱帯の植物が茂る小道はとてもさわやかです。ほとんどの観光客はこちら側には来ませんから、とても得した気分になります。 またなぜか円鑑池の周辺にはガチョウ?が放し飼いにされており、子ども達は思わぬところで動物とのふれあいができて大喜びでした。

                    中村家住宅 琉球の民家

                      沖縄の伝統的な農家というのは、沖縄本島ではもうなかなか見られなくなっているようです。琉球村などの観光施設に行けば、移築・復元された民家は見学できますが、中村家住宅は、元の場所にあった民家がそのまま保存されているもので、国の重要文化財にも指定されています。 現存する中村家住宅が建てられたのは18世紀中ごろと伝えられています。近くにある中城同様に沖縄の石灰岩で作られた石垣で囲われています。下の写真が外から入り口を見たところ。日本家屋のような、塀に沿った門構えはありません。 これが母屋(うふや)。屋根の上のシーサーはさすがに沖縄ですが、間取りなどは、どこか、日本家屋と共通する雰囲気があります。なんでも鎌倉・室町時代の日本建築の影響があるとか。 下の写真がシーサーとアップ。曇り空だったので、背景が明るすぎてきれいに写りませんでした。 これは母屋の入り口と、居間の部分。畳がありますね。 花が生けられていました。花瓶が載せられている引き出しの付いた台は、ちょっと、韓国の李朝家具風ですね。実際のところは知りませんが。 これは母屋から裏庭を眺めたところ。裏庭はすぐに斜面になって、屋敷を取り囲んでいます。 これが本土の家屋との決定的な違い。豚舎(フール)です。それぞれの囲いの中に、一頭ずつ飼われていたようです。ブタの他に、ヤギ、馬、牛も飼われていました。 下の面白い形をした建物は、高倉と呼ばれる穀物倉庫。屋根の逆傾斜部分はネズミ返しのためだそうです。一回部分は倉庫や作業スペースのようです。 中村家の前にはお土産品の店が設けられています。ここではお茶をいただくこともできます。サーターアンダギーを買いましたがおいしくて、お土産用のつもりだったのを、移動の車の中で家族で全部食べてしまいました。

                      琉球村

                        琉球村は沖縄の文化や伝統を保存・再現して見せてくれる観光村です(琉球村ホームページはこちら)。実を言うと、沖縄に到着するまで琉球村は日程に入っていませんでした。事前に購入して参考にしていた沖縄ベストガイド(ただし我が家が持っていたのは2008年版)には、琉球村の解説が書いてなかったからです。付録の地図には場所は載っていましたけど。 沖縄について、旅行会社で割引クーポンをもらって、初めて沖縄村の存在を知りました。場所は恩納村ですが、少し内陸で、ビーチリゾートが立ち並ぶ辺りとはちょと距離があります。我が家はレンタカーで、宿泊予定の沖縄かりゆしビーチリゾートへ向かう途中に立ち寄りました。 入り口は、屋内に売店などが並ぶ、いかにも観光施設、なのですが、入場料を払って中へ入ると沖縄の村っぽく作られています。 沖縄の文化と伝統を見たり、体験したりできるというのがコンセプトで、下の写真は水牛が、サトウキビを搾っているところです。 こちらは農家の再現。ぼろ屋は家畜小屋で、中には本当にヤギが飼われています。そう言えば、沖縄ではヤギがご馳走なんですね。ブタは有名ですが、ヤギのことは最近まで知りませんでした。 いくつかこうした民家が作られていますが、たいてい中では、音楽や手工芸の実演がされています。 以下は沖縄の歌や踊り、祭りの様子を再現した屋外イベント。エイサーも結構迫力がありましたし、参加して踊れる時間もありますし、楽しめます。 ひょっとしたら琉球村に似たような施設は他にもあるのかもしれません。でも、我が家はこの琉球村、結構楽しみましたし、気に入りました。